江戸川禁猟区 人の像を作ろうよ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)--:-- | スポンサー広告
今回はダークソウル2でおなじみの
「人の像」を気軽に手作りする方法
をお送りいたします。
F1000147_20150123111308243.jpg
出来の良いものはみんな撮影前に差し上げてしまったので
いびつな画像で申し訳ない…


ドラングレイグ在住の方で
どうも最近顔色が悪い…
痩せたような気もする…
どうにも体力が無い気がする…
抜け毛が気になる…
白サインが見えない!?

そんな亡者の諸症状が出ている貴方!
人間に戻れる「人の像」があれば安心ですね♪

日常生活の中でも江戸川のように
まともな人間に戻りたいなぁ…
「人の像」欲しいなぁ…と思っている方も
気分的なお守り代わりにいかがでしょうか?

ダクソレイヤーさんの小道具にも打って付けですね!
作り方は続きから♪案外簡単です!

誰でもカンタン☆!
【人の像の作り方】

◆まずは土台を用意する。
どこのご家庭にでもあります
卵型のつるつるスベスベした石と
ビー玉(画像はビー玉大のアクリルビーズ)を
ご用意いたします。
F1000254.jpg
そんなもの無いっ?…大丈夫だいじょうぶ!
殻つきの固ゆでのゆで卵を用意しましょう。
※半熟だと途中で割れる危険があります。
 フロム脳の方はリスキーは道を進みたがりますが
 ここは我慢して固ゆでを選択してください。
 卵は半熟派!の方も同様です。
 江戸川は固ゆでも半熟も両方好きです。選べません。

◆二つをテープで固定する。もう土台ができましたね♪
F1000255.jpg
画像ではダクトテープを使用していますが、
熱に強いものなら何でも大丈夫です。
できれば表面がつるつるスベスベしたものの方が
後の作業が簡単になります。
ゆで卵を使用する方は、離型剤代わりに
表面に食用油を薄く塗るか、
片栗粉などの粉をまぶしておくといいかもしれません。

◆グルーガンとグルースティック(茶)
F1000259.jpg
どこのご家庭にもありますグルーガンを…
えっ?無い!?…大丈夫だいじょうぶ!
最近では両方とも大型の100円均一ショップなどでも購入できます。
※ただし100均のグルーガンは電源コードが「致命的に短い」ので
 延長コードも併せてご用意ください。作業しやすくなります。
江戸川も100均のものを利用しています。

◆茶色のグルーで線を描く
F1000260.jpg
溶けたグルーやグルーガンの発射口は高温になるため
火傷にご注意ください。
胴体の中央部分から放射曲線状に描きだすと
ソレっぽくなります。
その他の部分はつい縦々横々と井の字に描きたくなりますが
網目をつなぐ様に線を引くと雰囲気がでます。適当で大丈夫です。

◆全体に模様を描いたらグルーを剥がす
F1000261_20150123111306539.jpg
グルーが冷めてしっかりと固まったら
底の部分からペリペリとグルーを剥がします。
この時脱皮するイメージで背中部分の網目を
ちぎりながら進みます。
実は一番厄介な部分はココ。剥がすのに多少の手間と
根気を必要としますが、ゆっくり焦らず剥がしましょう。

◆全部剥がすとこんな感じ。
F1000262.jpg
画像は剥がし終わってグルーがひっくり反った所ですね。
人の像の形を整え、ちぎれた背中部分をグルーで溶接します。
糸状に伸びてしまったグルーや、はみ出したり分厚くなった部分を
ハサミなどで切り取り仕上げます。

◆ここでほぼ完成!
F1000263.jpg
案外簡単にできたかと思います。
※ゆで卵を使用した方は殻を綺麗に洗って剥きお早めにお召し上がり下さい。

◆胴の中央を黒く塗る
F1000146.jpg
黒いマニキュアやビニール系に塗れる塗料、
何でもかまわないので、胴体の中央の放射状の部分を塗ります。
丁寧に塗ると色の境目がクッキリしてしまうので
淵はガサガサと適当に塗った方が雰囲気が出ると思います。
黒いスプレーで中央をプシュッ!とやるのも簡単そうですが…
スプレーを使用する場合、網目状になっていますので
塗料が飛び散り背中部分の裏側(内側)が黒くなってしまいます。
マスキングするか、溶接する前の開きの状態の時に
塗装することをお勧めします。

◆出来上がり!
F1000147_20150123111308243.jpg
小道具として使用される方は、艶消しのラッカースプレーなどを
吹いておくと、より仕上がりが綺麗になります。
お疲れ様でした!さぁ元の姿に(人間)に戻ろう!



余談ですが…実はこの人の像、
昨年の夏コミから当サークルのディスプレイ用として
いくつか持ち込んでおりました。
頒布物ではなかったのですが、
気にして下さった方がいらっしゃったのでお譲りしたり、
近隣のダクソサークルさんに差し上げたりしたため
現在江戸川の手元には
1個も残ってなかったりします(笑

次回は同じくディスプレイとして飾っていた
「ウチの篝火」のご紹介をできればと思います。


2015.01.23(Fri)13:12 | ■ その他
 
PROFILE
Welcome!
CATEGORY
web拍手
ARCHIVE
BANNER
LINK
SEARCH
mail
★ToDAY'sMAXIM100★



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。